Habsburg Wedding

House of Habsburg ハプスブルク家とは

「汝、オーストリアを結婚によって幸福にすべし」
という家訓を持つハプスブルク家。

オーストリアを拠点に中東欧、ネーデルラント、スペインなどを支配に広げ、カール5世の時代には中南米やアジアにも領土を獲得。十五世紀以降、神聖ローマ帝国皇帝位を代々世集。ナポレオン戦争による神聖ローマ帝国解体後は、後継のオーストリア帝国の皇帝となった。第一次大戦後に、帝国が終焉を迎えるまで、数世紀にわたり広大な領土と多様な民族を統治したヨーロッパ随一の名門家。

紋章
フランツ・ヨーゼフ1世 エリーザベト(シシィ)
アマーリエ・アウグステ フェルナンド2世
Dr.Géza von Habsburg

Dr. Géza von Habsburg Profile ゲーザ・フォン・ハプスブルク大公
プロフィール

ゲーザ・フォン・ハプスブルク博士は美術史と考古学の博士であり、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの直系の末裔であると同時に、ザクセン(旧東ドイツ南東部)最後の王の孫でもあります。
7ヶ国語を自在に操り、23年間クリスティーを始め、ハプスブルクオークションハウスなど2つのオークションハウスの議長を務めました。また、ファベルジェの世界的第一人者であり、メトロポリタン美術館をはじめ、世界的な美術館においてキュレーターとして何十万人もの観客を魅了した3つのファベルジェ展覧会を大成功に導きました。
ゲーザ博士は現在までに、ヒストリーチャンネル、NHKをはじめ、6本の映画やドキュメンタリーに特集され、「Midnight in the Garden of Good and Evil」の中にも描写された。また、ファベルジェやクリスティー、サザビーズなど13冊の本を出版し多くの論文を発表しております。

Dr. Géza von Habsbrug

Géza von Habsburg Family Tree ゲーザ家 家系図

華麗なる家系一族

Family Tree

Please feel free to
contact us.
お問い合わせ・認定会場へのご応募
・資料請求はこちらから